トップメッセージ

株主・投資家の皆さまには、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申しあげます。

 

人口減少・少子高齢化の進展に加え、新型コロナウイルス感染症や気候変動による影響など、社会が抱える課題も人々の価値観や生活様式も大きく変化しています。さらに、先行きの不透明感は常態化するものと考えており、企業には先が読み切れないことを前提とした変化への耐性が強い経営が求められると考えています。

 

このような経営環境のもと、当社グループでは、「南海が描く“2050年の企業像”」とその通過点となる「南海グループ経営ビジョン 2027」の実現に向け、2022年度を初年度とする中期経営計画「共創140計画」をスタートさせました。

 

同計画では、コロナ禍を経ての「再構築」と「成長への基礎構築」を行うために、「公共交通事業のサステナブルな経営」と「選ばれる沿線づくりと不動産事業深化・拡大」という事業戦略に基づき、公共交通事業への計画的な安全・更新投資のほか、なにわ筋線事業の推進や沿線各所におけるまちづくりをはじめとする戦略投資を確実に実行することに加え、既存の交通事業・不動産事業に続く第3の柱の創造に向けた「未来探索」として、新たな事業の芽の育成にも投資を振り向けていきます。

 

新型コロナウイルス収束の見通しは未だ不透明ですが、実効性ある感染対策の確立やワクチン接種の進展等により、今後移動需要は徐々に回復していくと見込んでいます。新中計の初年度である2022年度は、役職員の総力を結集し、連結ベースでの増収増益の達成をめざしていきます。

 

今後とも末永くご支援賜りますよう、宜しくお願い申しあげます。

南海電気鉄道株式会社

代表取締役社長