電車に乗る
沿線へでかける
沿線でくらす
企業・IR情報
ホーム > 企業・IR情報 > CSR > CS推進の取り組み > 多言語による案内放送の充実

多言語による案内放送の充実

Before (お客さまの声)

駅施設
訪日外国人旅行者の方が、乗り間違いをしているのをよく見かけます。多言語での案内放送をしてあげてください。

After

列車や駅において、多言語による案内放送を推進しています。

列車

車両の新造や更新時に、4言語(日・英・中・韓)による自動案内放送対応を実施しています。また、車掌の操作により、乗り間違い防止案内やマナー啓発等の案内放送を4言語でタイムリーに行えるようになりました。

4言語(日・英・中・韓)自動案内放送対応車両(8000系・8300系)

列車到着時の2言語(日・英)による自動案内放送実施駅を拡大しました。

列車到着時の2言語(日・英)による自動案内放送を実施している駅