電車に乗る
沿線へでかける
沿線でくらす
企業・IR情報
ホーム > 電車にのる > 鉄道博物館 > 鉄道博物館 > ラピートのすべて - 鉄道博物館

ラピートのすべて - 鉄道博物館

ラピートができるまで
構体の組み立て

台枠完成 1.台枠完成

完成した台枠。
側・妻・屋根(台枠も含め六面体と呼ぶ)
と結合する前に床板を張る。
 
側治具 2.側治具

側構体を総治具に入れ、骨組の溶接を行う。
この時部組された側構体も組み込まれる。
 
構体スケルトン(骨組) 3.構体スケルトン(骨組)

今回の先頭構体は「丸み」がデザインポイントであるため、スケルトン構造を採用した。
大部分の骨は平鋼で構成。
骨と骨の間の丸棒は固定金具。
 
先頭構体の完成 4.先頭構体の完成

スケルトン構造の上から「木型」によりたたき出された外板を張り付け溶接する。外板はたたき出し加工の関係から小さい板としている。
完成後錆を落としてある。
 
屋根治具 5.屋根治具

屋根治具にてタルキを溶接にて組み立て、屋根板を張る。
完成後錆を落としてある。
 
外部構体の完成 6.外部構体の完成

完成した外部構体の内部。
 
高床骨組の組み込み 7.高床骨組の組み込み

乗務員室内に高床骨組を取り付け。
 
構体外観(先頭車) 8.構体外観(先頭車)  

錆落とし後プライマーを塗り完成した構体外部。
ラピートのすべてTOPへ 塗装・内装のページヘ 完成車のページヘ