電車に乗る
沿線へでかける
沿線でくらす
企業・IR情報
ホーム > 電車にのる > 鉄道博物館 > 鉄道博物館 > 車両の歴史 - 鉄道博物館

車両の歴史 - 鉄道博物館

南海電鉄の歴史 車両の歴史 現在の車両 ラピートのすべて フォトコレクション
明治・大正 昭和初期 昭和中期
高野線のクイーン
 「こうや号」という名の座席指定特急が高野線に登場したのは昭和27年7月19日のことです。
この時、高野山方先頭車として使用されたのがクハ1900号。この車両は昭和13年7月に「貴賓車」として誕生。流線形の前頭部には曲面ガラスがはめこまれ、車室前半分の豪華なソファーが置かれた展望室とともに、高野線のクィーンとして活躍し、その後一般車に改造されました。
 クハ1900号
クハ1900号
優等車にヘンシーン
 昭和27年に元貴賓車1900号を使って運転を始めた「こうや号」は、翌28年4月から3両編成となりました。パートナーとなったのは、1251号、1252号で、両車とも昭和13年製。高野山の登山電車として活躍してきた車両です。
特急専用車となってからはオールクロスシートとなり、クリームとダークグリーンのツートンカラーがひときわ目立つ「優等車」になりました。
 こうや号
こうや号
オレンジ帯の通勤車
 昭和34年、ちょっと変わった塗色の新造車が登場しました。グリーンの車体にオレンジ色の帯が目立つこの車両、4扉の通勤用モハ1521型です。木造車追放の一策としてモーターなど電装部品は在来車のものを流用、車体、台車を新造したもので、同スタイルのモハ2051型、中間車のサハ3801型とあわせて20両が製造され、後に上半縁、下半濃緑の新塗装に変わりました。
 1521系
1521系
南海名物「緑の客車」
 南海の<南紀直通列車>は昭和9年、白浜行の黒潮列車で始まり、戦時中一時中断して昭和26年に再開されました。昭和27年、南海は南紀直通専用客車サハ4801型を作りました。構造、寸法は当時の国鉄新鋭客車スハ43型とほぼ同じでしたが、シートや内装を豪華にしたり、まだ珍しかった蛍光灯をいち早く採用するなど「緑の客車」として“一味ちがう”サービスにつとめました。
 サハ4801型
サハ4801型
ディーゼル準急南へ
 <南海>では電鉄には珍しくディーゼルカーも使用しています。昭和34年、紀勢本線全通のとき、難波、天王寺から南紀直通ディーゼル準急「きのくに号」が開設され、南海でも乗り入れ用にディーゼルカー、キハ5501型、5551型を新調しました。塗色は当時の国鉄準急色のクリーム色に赤帯でしたが、後に国鉄急行色に変わりました。また当時21.3メートルの車両全長は南海で一番です。
 5501型
5501型
「走る郵便局」です
 ダークグリーンの車体に引かれた白帯上に、きっちり書かれた赤い〒マーク。
<南海>には「走る郵便局」がありました。この車両、一般客車での郵袋配達とはちがい、郵便車内に郵便局の職員が乗込んで作業を行い、消印までありました。
写真の車両はモユニ1041型。大正時代に作られた車両を昭和14年に改造したもので、半室が郵便車、残り半室が荷物車として使用されました。
 モユニ1041型
モユニ1041型
電機もやはり「南海型」
 「ピーッ」というかん高い汽笛を鳴らし、黒い貨車を引いてゆっくりと走る貨物列車には独特のムードがあります。ところで私鉄の電気機関車はメーカー別に個性の強いグループを作っていますが、<南海>にも「南海型」と呼ばれる一群がありました。ED5105型、ED5121型で代表されるグループで最盛期には28両を数えましたが、昭和48年の電車線昇圧で姿を消しました。
 5105型
5105型
座ったままで山登り
 高野山ケーブルは昭和5年、高野山電鉄の建設によるもので延長0.8キロ、高低差約330メートル、最高こう配が566.2パーミルあります。写真は初代のケーブルカー。昭和28年に2代目が登場した。その後昭和39年末、高野山開創1150年祭の輸送をまかなうため、大型車に切替えられました。3代目の車両は2両連結で、最大乗車人員数が261名、巻上機も出力400キロワットが2台と、当時わが国最大のものでした。
 ケーブルカー
ケーブルカー
明治・大正 昭和初期 昭和中期