電車に乗る
沿線へでかける
沿線でくらす
企業・IR情報
ホーム > 企業・IR情報 > CSR > CS推進の取り組み > 列車行先案内盤の多言語化を推進

列車行先案内盤の多言語化を推進

Before (お客さまの声)

駅施設
行先や列車種別の案内表示が訪日外国人旅行者には分かりにくいです。

After

難波駅に続いて、堺駅、羽衣駅(下りホーム)、りんくうタウン駅、関西空港駅、和歌山大学前駅、三国ヶ丘駅の行先案内盤を更新し、4言語(日・英・中・韓)で表示しています。