• 記事画像

  • 記事画像

  • 記事画像

  • 記事画像

 2018年末、当社羽倉崎車庫にて事故復旧総合訓練を実施しました。
この訓練は事故や災害が発生した際、お客さまの安全確保を最優先に私たちが行動できるよう、連絡体制の確認や事故復旧技術の習得のほか、安全に対する意識の向上を目的に毎年実施しています。今回は、地震の発生により運転操作を誤った自動車が踏切道内に進入し、列車と衝突、その衝撃で自動車が反対線路へと跳ね飛ばされたという想定のもと訓練を行いました。
 訓練の実施にあたり、地元住民の方35名にお越しいただいたほか、当社員約230名がお客さま役として参加し、運輸部門・技術部門の社員が一丸となってお客さまの避難誘導、復旧作業を行いました。当社では今後も不測の事態に備え、お客さまの安全を最優先に、少しでも早く復旧、運転再開できるよう努めてまいります。

  • 担当者コメント
  • 安全推進部 金安 千明

     地元消防署と合同で訓練を行ったことに加え、地元住民にもご参加いただき、地域に根ざした訓練になりました。事前に具体的な想定内容を伝えず、シナリオのない訓練とし、また廃自動車を実際に使用したため、訓練者は緊張感をもって訓練に臨んでいました。

     お客さまの避難誘導においては、時間を要したものの、地元住民の方からも「安心できた」との声を多数いただきました。今後、よりスピーディで安全に避難していただけるよう継続的に取り組んでいきたいと思います。