電車に乗る
沿線へでかける
沿線でくらす
企業・IR情報
ホーム > 企業・IR情報 > CSR > CS推進の取り組み > 新社屋に南紀熊野エリアの観光情報発信拠点を設置(熊野交通)

新社屋に南紀熊野エリアの観光情報発信拠点を設置(熊野交通)

Before(お客さまの声)

グループ会社
バスの待合室が古くて狭いので不便です。また、バスの事だけでなく観光の案内もしてほしいです。

After

rapirtkun_only.jpg

熊野交通では、新宮駅前の本社社屋を建替え、1階の待合室やトイレをリニューアルしました。またオープンカウンター形式のお客さま窓口を設置。乗合バス、定期観光バス、瀞峡ウォータージェット船などの案内を行っています。さらに窓口横には新宮市観光協会の「熊野新宮観光案内センター」も入り、インバウンドのお客さまも含め、連携して観光のお客さまへの案内を行っています。

180625_kumanokoutuu_01.jpg

熊野新宮観光案内センターも入り
観光案内機能を充実

180625_kumanokoutuu_02.jpg

オープンカウンター形式のお客さま窓口

180625_kumanokoutuu_03.jpg

リニューアルした待合室