車掌の一日

1日の仕事例

駅係員の勤務は「隔日交代制勤務」という9時から翌日の9時まで24時間の交代勤務が基本です。

day9:00

最初は出勤確認からはじまります。
臨時列車など列車の運転に関する変更事項や、そのほかの特記事項を監督者から伝達されます。
その後、前任者との引継ぎです。駅の業務がスムーズにできるよう、またミスや事故を起こさないために、細かく伝達を行います。


駅での仕事は、
・ホームでの列車監視や案内放送
・お客さまの問合わせ応対や改札機の点検
・定期券や特急券などの乗車券類の発売
・ホーム等の掃除やポスターの貼りかえなど様々な仕事があります。

出勤確認

お客さま応対はお客さまが電車に乗り遅れない様にスピーディかつ正確な応対が求められます。

改札機の点検

改札機の点検

掲示物の確認

パンフレットなどの整理

掲示物の確認

ポスターなどの貼りかえ

day 11:30

昼食です。昼食は順番に交代してとります。時間は勤務する駅や日によって様々です。
お弁当を持ってくる人、コンビニエンスストアで買う人、皆それぞれの方法で食事をとります。

昼食

昼食が終わればまた業務開始です。
この日は改札口でお客さまへ挨拶をし、お問合わせにお応えする業務です。
列車や駅のことだけでなく、駅周辺施設の場所などの問合わせもあり、たくさんの方が改札口へお越しになります。

改札窓口

適宜にホームを巡回し、お客さまへの案内やごみを拾うなど、快適な環境づくりにつとめます。

ホームの清掃

交代で休憩を取ります。同僚とコーヒーを飲んだり、おしゃべりをするなどリラックスタイムです。
休憩時間を利用して、仮眠室で昼寝などをする人もいます。

休憩

休憩が終わって、業務に戻ります。
交代する先輩や後輩と引継ぎを行います。
漏れなく正確に伝達します。

時刻表確認

night.png18:00

夕食も交代しながら順番に食べるので、昼食と同様、勤務する駅や日によって食べる時間は様々です。
夕食が終わると業務に戻ります。

ホームで、ラッシュ時間の対応です。
ラッシュ時間はお客さまが非常に多くなるため、ホームからの転落防止や車掌に合図をおくるなど、連携して安全な列車運行に努めます。

アナウンス

ラッシュ時間が落ちついた頃に券売機の点検や掃除など行います。

券売機の点検

本日の業務終了です。
ここで仮眠時間となります。仮眠時間は4~6時間程度あり、入浴を済ませ、床につきます。

業務を早く終えて仮眠し、始発前に起床する担当と全ての最終列車が出てから仮眠し、少し遅く起床する担当に分けて、皆が仮眠をとれるようにしています。
女性が働く駅では、仮眠や入浴する場所は男性とは別に設けています。

day4:20 (翌日)

起床して身支度を整え、業務開始です。

始発の列車に間に合う様に、自動券売機の電源を投入するなど、駅の稼動準備を行います。途中、交代で朝食をとります。

券売機の電源確認

ラッシュの時間になると通勤・通学のお客さまが集中するので、お客さまの乗降整理とホーム上の安全を確保します。お客さまに安心してご利用いただくための大事な役割です。

列車が来て安全確認

day9:00

ラッシュが落ち着いた頃に交代者が来て引継ぎを行います。業務を終了し、退社します。

帰社

Refresh

リフレッシュ

鉄道研修センターで授業終了後の一コマ。助役の同期で年齢層はバラバラですが、仲がとてもよく笑いがいつも絶えません。

リフレッシュ

仲のいい後輩とボーリングへ。

私にとっての鉄道の仕事とこれから

助役

入社時と変わらず、お客さまの『ありがとう』は今でも嬉しく、日々の業務の糧になっています。最初は人前で話すことやアドリブで話すことが苦手でしたが、仕事を通じて経験を積み、苦手意識を減らすように努めています。助役になり、年上の部下や後輩もたくさんいて、指導のむずかしさもありますが、今はこれから入社される方や、各職場からステップアップを目指している方々の、憧れや手本となる監督者を目指しています。

勤務風景


駅掌

慌てて行動してしまうことで失敗もあり、自分はこの仕事に向いていないのではないかと悩んだこともありましたが、今は一度、冷静になって考え行動することを意識するようにしています。そのように悩みながらも、困っているお客さまのお役に立て、「ありがとう」と言っていただけた時にとてもやりがいを感じます。今は持前の行動力でスキルを磨き、車掌へのステップアップを目指しています。

勤務風景

1週間の勤務例

下の図が隔日交代制勤務の1週間の例です。
(1週間で9:00~翌日9:00を2回勤務、9:00~19:00を1回勤務)

image_week.gif

先輩社員のメッセージ

助役

平成20年入社 助役

  • 元気な会社というイメージと、責任感と使命感を感じられる会社だと思い入社を志望しました。今では自分のアドバイスしたことが職場に浸透し、目に見える成果に繋がったときにやりがいを感じています。また、自分自身も最初は悩みを抱え込むこともありましたが、上司や同僚に相談することで乗り越えてきました。職場では長い時間一緒に過ごすので、コミュニケーションをとりやすく、すぐに仲よくなれます。


  • 先輩写真