電車に乗る
沿線へでかける
沿線でくらす
企業・IR情報
ホーム > 沿線へでかける > イベント > 南海沿線文化セミナー

南海沿線文化セミナー

南海沿線文化セミナー
講師 奥野浩史
2017年11月25日(土)13:30~16:00
平成20年度から開催している同セミナーは当社沿線の活性化を目的としたもので、歴史・文化・風習などの紹介を通じて参加者に沿線の魅力や価値を再認識していただいています。
今回のセミナーは、「日本の線香は堺で生まれ、日本文化に溶け込んだ」と題して、16世紀の終わりに日本で最初に堺で作られた線香の歴史をセミナー形式で学びつつ、実際に線香作りを体験いただき、工場も見学しながら堺の伝統産業への理解を深める目的で実施します。
堺・住吉・新世界エリア
カルチャーイベント
堺駅
日時 2017年11月25日(土)13:30~16:00
交通 南海線 堺駅
場所 堺伝統産業会館
南海「堺駅」下車徒歩約15分、阪堺「妙国寺前」電停下車徒歩約3分
または南海バス「花田口」バス停下車すぐ
住所 堺市堺区材木町西一丁1-30
料金 1,000円(材料費として:消費税等込)
募集人員 50名
抽選制・事前申し込み制
申込期間 2017年10月12日(木)~2017年11月10日(金)
申込方法 ◆当社オフィシャルサイトでのお申し込みのみとなります。
【応募期間】平成29年10月12日(木)10:00~11月10日(金)24:00
お申込みはこちらから

◆当選者への連絡
平成29年11月15日(水)までに、当選者宛に参加証を発信します。
その他 【講師】
奥野 浩史(おくの ひろふみ)氏
株式会社奥野晴明堂代表取締役社長(プール学院大学客員教授)

【テーマ】
日本の線香は堺で生まれ、日本文化に溶け込んだ

【内容】
堺に伝えられて以来、日本全国に広がり、今や日本文化に溶け込んでいる線香の歴史や、今なお堺の伝統産業として受け継がれている理由などを説明し、線香作りの発展を理解していただき、実際に線香作りを体験してもらいます(作った線香はお持ち帰りできます)。また、線香の作る過程を工場で見学いただきます。

【後援】
歴史街道推進協議会、産経新聞社

協力 公益財団法人 堺市産業振興センター
お問合わせ
南海テレホンセンター
06-6643-1005(8:30~18:30)

NATTS NET
南海高野ほっと・ねっと
ナニワやさかい!ほっと・ねっと
お得なきっぷ
20171125
20171125
0
南海沿線文化セミナー
平成20年度から開催している同セミナーは当社沿線の活性化を目的としたもので、歴史・文化・風習などの紹介を通じて参加者に沿線の魅力や価値を再認識していただいています。
今回のセミナーは、「日本の線香は堺で生まれ、日本文化に溶け込んだ」と題して、16世紀の終わりに日本で最初に堺で作られた線香の歴史をセミナー形式で学びつつ、実際に線香作りを体験いただき、工場も見学しながら堺の伝統産業への理解を深める目的で実施します。
2017年11月25日(土)13:30~16:00
南海線 堺駅
堺伝統産業会館
南海「堺駅」下車徒歩約15分、阪堺「妙国寺前」電停下車徒歩約3分
または南海バス「花田口」バス停下車すぐ
堺市堺区材木町西一丁1-30
1,000円(材料費として:消費税等込)
南海テレホンセンター
06-6643-1005(8:30~18:30)
50
抽選制・事前申し込み制
20171012
20171110
◆当社オフィシャルサイトでのお申し込みのみとなります。
【応募期間】平成29年10月12日(木)10:00~11月10日(金)24:00
お申込みはこちらから

◆当選者への連絡
平成29年11月15日(水)までに、当選者宛に参加証を発信します。
【講師】
奥野 浩史(おくの ひろふみ)氏
株式会社奥野晴明堂代表取締役社長(プール学院大学客員教授)

【テーマ】
日本の線香は堺で生まれ、日本文化に溶け込んだ

【内容】
堺に伝えられて以来、日本全国に広がり、今や日本文化に溶け込んでいる線香の歴史や、今なお堺の伝統産業として受け継がれている理由などを説明し、線香作りの発展を理解していただき、実際に線香作りを体験してもらいます(作った線香はお持ち帰りできます)。また、線香の作る過程を工場で見学いただきます。

【後援】
歴史街道推進協議会、産経新聞社

公益財団法人 堺市産業振興センター
講師 奥野浩史