電車に乗る
沿線へでかける
沿線でくらす
企業・IR情報
ホーム > 企業・IR情報 > CSR > 安心・快適のピース -CS推進の取り組み- > 自動券売機・自動精算機に抗ウイルス・抗菌シートを貼付

自動券売機・自動精算機に抗ウイルス・抗菌シートを貼付

自動券売機・自動精算機に抗ウイルス・抗菌シートを貼付

 当社では、新型コロナウイルス感染拡大を受け、お客さまに安心して鉄道をご利用していただくために、様々な取組みを行っています。
 7月からは、定期的な車両・駅設備の消毒などに加え、関西の鉄道会社では初の試みとして、自動券売機・自動精算機のタッチパネルに抗ウイルス・抗菌シートの貼付を行いました。
 南海電鉄・泉北高速鉄道が保有する約400台の自動券売機・自動精算機に抗ウイルス・抗菌シートを貼付し、貼付した券売機・精算機には4ヶ国語で案内を書いたステッカーを掲出しております。シートの貼付を行うだけではなく、シートのご案内をお客さまにお伝えすることにより、国内外問わず多くのお客さまが安心してご利用いただけるための配慮を行いました。
 新型コロナウイルス流行下においてもみなさまに「安心」してご利用いただけるよう引き続き様々な取組みを行ってまいります。


4ヶ国語(日本語、英語、中国語、韓国語)で案内が書かれたステッカー

4ヶ国語(日本語、英語、中国語、韓国語)で案内が書かれたステッカー:
全てのお客さまが読みやすいように、配置や色にもこだわりました。


  • 担当者コメント
  • 電気課 熊迫 忠昭

  •  コロナが流行する中、駅務機器にも何か対策が取れないか社内で検討を行いました。その結果、銀行の「ATM」などに導入されている抗菌シートを駅務機器にも応用できる可能性があることがわかりました。関西の鉄道会社では初の試みで調整に苦労しましたが、一刻も早くお客さまに安心して鉄道をご利用いただけるようスピード感を持って取り組みました。これからは現場と連携を取り、シートの耐久性などに細心の注意を払いながら、維持・管理できればと思っております。