電車に乗る
沿線へでかける
沿線でくらす
企業・IR情報
ホーム > 企業・IR情報 > CSR > 安心・快適のピース -CS推進の取り組み- > 駅トイレのリニューアル 尾崎駅、大阪狭山市駅、八幡前駅など

駅トイレのリニューアル 尾崎駅、大阪狭山市駅、八幡前駅など

 当社では、2016年度から駅のトイレのリニューアル工事を行っております。2019年10月から2020年3月の期間では新たに、貝塚駅、石津川駅、住ノ江駅、尾崎駅、吉見ノ里駅、岸里玉出駅(岸里口)、帝塚山駅、大阪狭山市駅(西口、東口)、初芝駅、中松江駅、八幡前駅の計12カ所を実施しました。(2016年度からの合計では46カ所を実施)今後もお客さまに快適にトイレをご利用いただけるよう、努めてまいります。


  • 記事画像

    尾崎駅の手洗い場。沿線の海をイメージした青を基調としている。

  • 記事画像

    大阪狭山市駅の女性トイレ。線路沿いに桜並木があることから、内装にピンク色をアクセントで用いている。

  • 記事画像

    中松江駅男性トイレ

  • 記事画像

    八幡前駅トイレ入口

  • 担当者コメント
  • 運輸部 湯川 誠

  •  このトイレの一連のリニューアルでは、乗降人員の多い駅だけでなく、より多くのお客さまに喜んでいただけるよう様々な駅のトイレで実施しています。リニューアル後、実際にお客さまから喜びの声をいただくことも多々あります。また「うちの最寄りの駅もやってほしい」というお声もいただきますが、このトイレのリニューアルが認知されている証であり大変嬉しく思います。今後もそれらのご要望を可能な限り反映できるよう、リニューアルを進めていきたいです。